損をしない宅配の利用法

損をしないためにはどうすればいい?こんな宅配の方法

本や小物を送るとしたら

これはよく商品を送られる方ならご存知だと思いますが、荷物の発送方法によって配送料がかなり変わっていきますので、そこは必ず頭に入れておくことにしましょう。

例えば、アクセサリーやスマホケースなどのちょっとした小物や文庫本サイズの本を一冊ぐらい送ろうとするなんてこともあると思います。
そんなときは、どういった方法で送るのがお得なのでしょうか。

郵便局で定形外郵便にて送られたり、宅配業者から一番小さなサイズで送られるなんてことを考えたりされたりなんて方もいらっしゃるでしょう。

実は、こういった小物向けの発送方法が存在しているのです。
まさに小物が入るぐらいの大きさですし、配送料も数百円のものもあるみたいです。

なぜこの方法なのか

では、なぜ小物向け配送がおすすめなのかということについてお話したいと思います。

その理由としては、これまで主流だった定形外郵便だと高くついてしまう可能性があるからです。
また、荷物がどこにあるのかという追跡も出来るようですし、場合によってはもしものときの補償がついてくることがあるのです。

このような状況から、小物を送る際になるべく安く済ませて尚且つ確実に出来る方法が、現時点では小物向け配送ということになります。

もし、なにか小物を送られる予定がございましたら、試されてみてはいかがでしょうか。
これを機会にご実家へ気軽にプレゼントなどを届けてもいいかもしれないですね。
離れていても、気持ちも一緒に届けてくれるでしょう。